uketuke01_l

 

自動車を運転する上では欠かすことのできないものに自動車保険への加入というものがあります。新規に自動車を取得した場合や、その後は車検時などには自賠責と呼ばれている強制保険に入ることが求められています。自賠責に入ることに関しては、法律で定められているために、運転者は必ず必要になる保険になります。メリットとしては対人賠償についてのみの補償されていますが、重大な損害の出てしまうような事故以外では、任意保険を利用することなく、自賠責で賄うことが可能になるために、等級などを気にすることなく利用することが可能になります。また、保険料も普通車の場合で2年間契約の場合では約2万8千円とされており、比較的安価で入ることができる保険としても知られています。

 

使用した場合でも、任意保険とは異なって保険料が上がってしまうことが無いこともメリットの一つになります。対物賠償や他の項目についての補償に関しては、やはり任意保険に入ることが求められています。メリットとしては、比較的自由に補償範囲や補償限度額を選択することができ、車両保険にも入ることによって、いわゆる自損事故や、災害による被害を受けてしまった場合でも、速やかに対応されることになります。