uketuke01_l

 

この保険は自動車事故の被害者に対する基本的な補償費用を確保するために、被害者の人身損害について政令で定められた一定の保険金限度額の範囲内で支払うものです。そのため、利用者が任意で加入している自動車保険とは異なり、一律の支払限度額が設定されています。
支払いの分類には3つのケースが事前に設定されてあり、それぞれのケースにおける限度額は以下のとおりです。

 
1つ目のケースは、傷害による損害の補償です。補償の対象となる範囲は、治療関係費・文書料・休業損害及び慰謝料であり、その限度額は被害者1名につき120万円です。
2つ目のケースは、後遺障害による損害の補償です。補償の対象となる範囲は、逸失利益および慰謝料であり、その限度額は被害者1名につき最大4000万円です。後遺障害の種類にとって限度額は変化し、比較的軽い障害で等級が14級の場合、限度額は75万円まで低下します。
3つ目のケースは、死亡による損害の補償です。補償の対象となる範囲は、葬儀費・逸失利益および遺族への慰謝料であり、その限度額は被害者1名につき3000万円です。

 
ただし、上記のいずれの場合であっても被害者に重大な過失があった場合や、事故との因果関係が不明確である場合は減額される場合がありますので注意が必要です。