未加入の場合

| 未分類 |

uketuke01_l

 

自動車損害賠償責任保険(共済)とは自動車損害賠償保障法の施行により、交通事故が発生した際の補償をするための保険です。交通事故の加害者を介さず被害者に最低限の損害賠償金を支払うための制度です。

 

自動車及び原動機付自転車を使用する全ての運転車への加入が義務付けられているため、別名強制保険とも呼ばれております。この保険に未加入の場合の罰則は非常に厳しいものとなっています。

 

1年の懲役か50万円の罰金を支払わなくてはなりません。また、保険の証明書を所持していなかっただけでも罰金30万円と、反則金では済まされません。

 

また、違反点数も6点を取られ即座に免許停止に追い込まれてしまいます。

 

自動車や排気量250ccを超えるバイクには車検時に有効期限を満たした保険が必要になるので、車検さえ忘れなければ更新のし忘れということはまずありませんが、250以下のバイクや原付は車検がないため、更新を忘れてしまう恐れがあるため注意が必要です。

 

また、各種の任意保険に加入していたとしても、共済の限度額を超えた分しか支払われません。そのため、加入せずに事故を起こし相手を死なせた場合は共済が補償する3000万円分は自分で賠償しなくてはなりません。