» 未分類のブログ記事

uketuke01_l

 

250ccのバイクつまり軽二輪車は車検がありません。つまり車検を受けるたびに強制的に保険に入るわけではないので、ついうっかり保険が切れてしまう可能性があります。そうなると無保険車の運行でこれはとても重い罪です。免許の点数が6点、1年以上の懲役または50万円以下の罰金です。

 

そういううっかりした間違いを無くす為にもナンバープレートに有効期限を示すステッカーを貼りましょう。もちろん表示義務もありますから、必ず張らなくてはいけません。加入はバイク店でも、自動車の整備工場でも、損害保険の代理店でもはいれます。もとろん農協や漁協などの共済でもかまいません。最近はコンビニでも加入可能です。バイクのナンバープレートの番号と車台ナンバーがあれば入れます。もちろん所有者の名前と住所も必要です。

 

支払いは普通は現金のみですので、お金を用意していきましょう。金額は軽二輪の場合で12ヶ月で9510円、24ヶ月で14290円、36ヶ月で18970円となっています。長い方がお得な料金となっていますのです、できれば3年まとめて加入した方がお得です。軽二輪車は車はないので、保険に加入しただけで乗ることが出来ます。整備はまた別に実施してください。

uketuke01_l

 

加入することが義務付けられているだけでなく、証明書を運行中は携帯してることも義務付けられています。

 

もし違反したら、つまり携帯していなかった場合には30万円以下の罰金と決められています。ただし反則金の設定はなく点数もありません。このため実際にはあまり積極的に取り締まられてはいないようです。厳しく取り締まられているのは未加入のほうで罰金50万円以下または懲役1年以下となっています。交通違反の点数も6点ですぐに免許停止になります。ただし実際には2万円以下の科料となっているようです。

 

車検のある普通自動車等では車検証と一緒に必ず持っているはずで、不携帯ということはないはずですが、修理や査定などのために車から降ろしてそのままになっているということもまれにあるので気をつけましょう。もし車検証も不携帯である場合にはそちらも別に点数があります。なお未加入の場合の罰則は重いのですが、過失で未加入になっていることに知らずに運行した場合は特に罰せられないことになっています。

 

また車検のない自動車では保険のステッカーが交付されますが、このステッカーにも表示義務があり、ステッカーを貼らないで運行することはできませんので必ず貼るようにしましょう。

未加入の場合

| 未分類 |

uketuke01_l

 

自動車損害賠償責任保険(共済)とは自動車損害賠償保障法の施行により、交通事故が発生した際の補償をするための保険です。交通事故の加害者を介さず被害者に最低限の損害賠償金を支払うための制度です。

 

自動車及び原動機付自転車を使用する全ての運転車への加入が義務付けられているため、別名強制保険とも呼ばれております。この保険に未加入の場合の罰則は非常に厳しいものとなっています。

 

1年の懲役か50万円の罰金を支払わなくてはなりません。また、保険の証明書を所持していなかっただけでも罰金30万円と、反則金では済まされません。

 

また、違反点数も6点を取られ即座に免許停止に追い込まれてしまいます。

 

自動車や排気量250ccを超えるバイクには車検時に有効期限を満たした保険が必要になるので、車検さえ忘れなければ更新のし忘れということはまずありませんが、250以下のバイクや原付は車検がないため、更新を忘れてしまう恐れがあるため注意が必要です。

 

また、各種の任意保険に加入していたとしても、共済の限度額を超えた分しか支払われません。そのため、加入せずに事故を起こし相手を死なせた場合は共済が補償する3000万円分は自分で賠償しなくてはなりません。

uketuke01_l

 

自動車損害賠償保障法では、原動機付自転車及び全ての自動車は自動車損害賠償責任保険に加入していなければ運転することはできないと定められています。

 

自動車損害賠償責任保険に加入せずに人身事故を起こしてしまった場合は、賠償金は全額自己負担となります。

 

任意保険に加入していたとしても、自動車損害賠償責任保険の補償限度額を超えた額のみとなります。

 

また、事故の発生とは関係なく、自動車損害賠償責任保険に加入せずに運転していた場合は1年以下の懲役または50万以下の罰則が科せられ、更に、自動車損害賠償責任保険の証明書を無所持であった場合も30万円の罰金が科せられることになります。

 

無保険の運転は交通違反となりますので、違反原点は6点が付され、免許停止処分の罰則になります。自動車損害賠償責任保険未加入者が事故を起こした場合、国土交通省が損害賠償責任者に代わりてん補を行うことがあります。

 

この場合は、国土交通省が損害賠償請求権を取得し、責任者に対し、求償を行うことになります。被害者が国民健康保険や労働者災害補償保険などを利用した場合は、国土交通省以外の機関からも損害賠償請求を受けることがあります。

 

責任者が賠償を行わない場合は、国が責任者に対し提訴することになります。

uketuke01_l

 

この保険は自動車事故の被害者に対する基本的な補償費用を確保するために、被害者の人身損害について政令で定められた一定の保険金限度額の範囲内で支払うものです。そのため、利用者が任意で加入している自動車保険とは異なり、一律の支払限度額が設定されています。
支払いの分類には3つのケースが事前に設定されてあり、それぞれのケースにおける限度額は以下のとおりです。

 
1つ目のケースは、傷害による損害の補償です。補償の対象となる範囲は、治療関係費・文書料・休業損害及び慰謝料であり、その限度額は被害者1名につき120万円です。
2つ目のケースは、後遺障害による損害の補償です。補償の対象となる範囲は、逸失利益および慰謝料であり、その限度額は被害者1名につき最大4000万円です。後遺障害の種類にとって限度額は変化し、比較的軽い障害で等級が14級の場合、限度額は75万円まで低下します。
3つ目のケースは、死亡による損害の補償です。補償の対象となる範囲は、葬儀費・逸失利益および遺族への慰謝料であり、その限度額は被害者1名につき3000万円です。

 
ただし、上記のいずれの場合であっても被害者に重大な過失があった場合や、事故との因果関係が不明確である場合は減額される場合がありますので注意が必要です。

仮渡金を請求できる

| 未分類 |

uketuke01_l

 

加害者が過失を認めないために、保険支払いの手続きをしない、あるいは、示談交渉がなかなか進まないなど、自動車事故の発生後における自賠責の保険金の支払いが順調に行われない場合について、被害者の保護の為に保険金の一部を先に申請できる仮渡金制度があります。

 

この制度の利用については、本来の賠償金が確定してを受け取る前に、事故により被った傷害の治療の為の当座の費用やその他の経費の為に、自動車保険会社に直接請求を行う事ができます。

 

この請求は、一回のみ可能で複数回行う事はできませんが、被害者だけが加害者の承諾なしに行えるものです。

 

金額については、死亡の場合には290万円、治療の日数が30日以上で入院日数が14日以上の場合と下半身の骨折の場合には40万円、治療の日数が30日以上または入院日数が14日以上の場合と腕の骨折の場合は20万円、これら以外の場合で治療の日数が11日以上の場合は5万円となっています。実際にこの手続きを行うには、この手続のために医師が作成した診断書と請求書が必要で、金額は自動車保険会社が決定を行います。

 

また、支払いは請求後約1週間ほどとなっており、保険金額が確定した段階で最終的に精算されます。

uketuke01_l

 

加害者が任意保険に加入していなかった場合も保険金を請求することができます。どういった場合にできるかというと、治療費がかかった場合と、被害者が死亡した場合です。請求は基本的に被害者本人が行います。

 

怪我をした場合、支払われるのは治療費の実費と、看護料、入院時の雑費代、休業補償、慰謝料です。慰謝料については、治療期間または実治療日数のうち短いほうに4200円をかけた金額が目安となっていますが、実際は多少前後します。被害者死亡の場合は葬祭費、遺失利益、遺族の慰謝料が支払われることとなります。

 

遺失利益は、被害者がもし死亡せず、平均余命まで生存していたとした場合にどの程度の収入が見込まれたかを元に計算されるものです。遺族が受け取る慰謝料については、遺族の人数によって増額します。被害者側に過失があった場合でも任意保険の場合のように相殺されるということがありません。ただし、だからと言ってすべての場合に全額支払われるということではありません。

 

もし被害者側に非常に多大な過失があった場合(過失割合が7割以上だった場合や、飲酒運転・無免許運転等の法律違反があった場合)は保険金を減額されるか、最悪の場合は支払われません。

uketuke01_l

 

対人賠償保険は任意保険の中心になるもので、もっとも重要な保険と言えます。このことは任意保険だけでなく車検時に加入が義務付けられている強制保険の対人の補償である事からも判ります。

 

任意保険としても対人は、その強制保険に上乗せする形で保障する保険です。補償の内容は事故の被害者の死亡や後遺症、怪我の治療休業補償、機会損失の補償、慰謝料など多岐にわたります。賠償の上限金額は無制限が一番多く、上限を定めている場合でも、それは一人当たりの金額で、事故全体では無制限となります。

 

この為対人事故では賠償金が足りないと言う事はあまり普通はなく安心です。またこの保険の賠償範囲の特徴はその名前の通り対人だけで物の補償はないと言う事です。また被害者である他人の補償しか賠償しないと言う点も重要です。

 

つまり単独事故などで運転していた自分や同乗していた家族などの賠償には使えないのです。その補償は自損賠償保険や搭乗者賠償保険が必要になります。また普通の事故でも被害者が家族の場合には他人ではないので、使えませんやはり自損事故賠償保険などになります。

 

またこの保険は誰の責任で事故が起こったか、誰が悪いのかを決めて責任の分を賠償する保険なので、過失の割合があります。そして自分が悪かった分だけ賠償するので、人身事故が起こっても歩行者が悪ければその分は補償されないので、そのことも注意が必要です。

 

08ILBF26

19ILCB05

保険の特徴とは

| 未分類 |

uketuke01_l

 

自動車事故による被害者の損害を補償する最低限の保険として、被害者の優先で運用されているのが大きな特徴です。

 

まず賠償の対象ですが、これは傷害、後遺症、死亡のみを対象としています。自動車の車体の破損などの物損事故の賠償は対象ではありません。

 

また賠償される被害者は加害者の第三者で加害者が同時に被害者であるような事故つまり自損事故などは賠償の対象ではありません。

 

また自損事故でも同乗していた第三者がケガをした場合には賠償の対象ですが、同乗者が家族、同居の親族の場合は身内であるということから賠償されません。

 

自損事故でない普通の事故でも、被害者が身内の場合は賠償されません。また過失割合という考え方があり、自分の過失分しか賠償されません。

 

この自分や身内は賠償されない、自分の責任でない分は賠償されないという考え方は任意の対人、対物でも同じです。また大きな特徴として、被害者保護を言う考えが大きく、加害者が請求に応じない場合には被害者が直接賠償を請求できる被害者請求という制度を持っています。これは大きな特徴です。

 

また被害者の為に仮渡し金制度というものもあり、被害者を優先させる制度となっています。

 

仮渡し金は賠償額が確定する前に賠償金の一部を受け取って当面の資金とする制度です。