仮渡金を請求できる

| 未分類 |

uketuke01_l

 

加害者が過失を認めないために、保険支払いの手続きをしない、あるいは、示談交渉がなかなか進まないなど、自動車事故の発生後における自賠責の保険金の支払いが順調に行われない場合について、被害者の保護の為に保険金の一部を先に申請できる仮渡金制度があります。

 

この制度の利用については、本来の賠償金が確定してを受け取る前に、事故により被った傷害の治療の為の当座の費用やその他の経費の為に、自動車保険会社に直接請求を行う事ができます。

 

この請求は、一回のみ可能で複数回行う事はできませんが、被害者だけが加害者の承諾なしに行えるものです。

 

金額については、死亡の場合には290万円、治療の日数が30日以上で入院日数が14日以上の場合と下半身の骨折の場合には40万円、治療の日数が30日以上または入院日数が14日以上の場合と腕の骨折の場合は20万円、これら以外の場合で治療の日数が11日以上の場合は5万円となっています。実際にこの手続きを行うには、この手続のために医師が作成した診断書と請求書が必要で、金額は自動車保険会社が決定を行います。

 

また、支払いは請求後約1週間ほどとなっており、保険金額が確定した段階で最終的に精算されます。