uketuke01_l

 

対人賠償保険は任意保険の中心になるもので、もっとも重要な保険と言えます。このことは任意保険だけでなく車検時に加入が義務付けられている強制保険の対人の補償である事からも判ります。

 

任意保険としても対人は、その強制保険に上乗せする形で保障する保険です。補償の内容は事故の被害者の死亡や後遺症、怪我の治療休業補償、機会損失の補償、慰謝料など多岐にわたります。賠償の上限金額は無制限が一番多く、上限を定めている場合でも、それは一人当たりの金額で、事故全体では無制限となります。

 

この為対人事故では賠償金が足りないと言う事はあまり普通はなく安心です。またこの保険の賠償範囲の特徴はその名前の通り対人だけで物の補償はないと言う事です。また被害者である他人の補償しか賠償しないと言う点も重要です。

 

つまり単独事故などで運転していた自分や同乗していた家族などの賠償には使えないのです。その補償は自損賠償保険や搭乗者賠償保険が必要になります。また普通の事故でも被害者が家族の場合には他人ではないので、使えませんやはり自損事故賠償保険などになります。

 

またこの保険は誰の責任で事故が起こったか、誰が悪いのかを決めて責任の分を賠償する保険なので、過失の割合があります。そして自分が悪かった分だけ賠償するので、人身事故が起こっても歩行者が悪ければその分は補償されないので、そのことも注意が必要です。

 

08ILBF26

19ILCB05