保険の特徴とは

| 未分類 |

uketuke01_l

 

自動車事故による被害者の損害を補償する最低限の保険として、被害者の優先で運用されているのが大きな特徴です。

 

まず賠償の対象ですが、これは傷害、後遺症、死亡のみを対象としています。自動車の車体の破損などの物損事故の賠償は対象ではありません。

 

また賠償される被害者は加害者の第三者で加害者が同時に被害者であるような事故つまり自損事故などは賠償の対象ではありません。

 

また自損事故でも同乗していた第三者がケガをした場合には賠償の対象ですが、同乗者が家族、同居の親族の場合は身内であるということから賠償されません。

 

自損事故でない普通の事故でも、被害者が身内の場合は賠償されません。また過失割合という考え方があり、自分の過失分しか賠償されません。

 

この自分や身内は賠償されない、自分の責任でない分は賠償されないという考え方は任意の対人、対物でも同じです。また大きな特徴として、被害者保護を言う考えが大きく、加害者が請求に応じない場合には被害者が直接賠償を請求できる被害者請求という制度を持っています。これは大きな特徴です。

 

また被害者の為に仮渡し金制度というものもあり、被害者を優先させる制度となっています。

 

仮渡し金は賠償額が確定する前に賠償金の一部を受け取って当面の資金とする制度です。